report

<2008年12月22日のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

ラ・クァルティーナ クリスマス公演

12月の文京シビックホール 文京シビックホール 小ホールでラ・クァルティーナの追加公演。今回も完売御礼。

 

舞台を覗くと一足早くホール入りした藤森が一人さらっていました。 

 

お!舞台が出来ています! 懸案だったエンドピン、しっかり刺しています。

(7月11日レポート 「短くないですか?」 をご参照ください)

 

ラ・クァルティーナ文京シビックホールに来たのは前回の7月以来。冬になって湿気が抜け、舞台も設置され一段と弾きやすくなりました。客席も前に2列増設。

「お客様との溝が埋められよかった」 と本番のMCで藤村さんがおっしゃっていました。

3日前に同プログラムの長岡公演を終えたとはいえ、所変われば響きも変わるわけで入念なゲネプロ。

小道具の準備桑田さんが取り出そうとしているのは・・・

クリスマスメドレーで登場した笛と鈴。舞台の陰にしこんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

小道具の正体

こちらがその ピュー と鳴る笛と鈴。

鈴は2つの鈴をテープで固定し片手で2つ振れるように。 「どこを連結させればより賑やかに鳴るか」 と、スタッフがあれこれ話ていたら藤森が 「頭のこことここにつけて、頭を振るしかない」 と、すばらしい提案を。それならチェロを弾きながらでもシャンシャン鳴らせます。って、桑田さんがそんなことするはずありません。頭をガンガン振るのは藤森の専売特許(笑)

 

リラックスタイム合わせの間の休憩のひととき。 

 

気負わず、かといって なあなあ にもならないちょうどいいい距離感の四人。 今年リリースした8枚目のアルバム 「15シーンズ」 ではデビューアルバム 「シャコンヌ」 から貫くクァルティーナの響きを確認できます。

 

 さてさて、本日の目玉は 「クリスマスソングメドレー」 (金澤恵之編曲) 20分を越える大作です。スタンダードなジングルベルから始まって、ポップス、クラシックと、クリスマスにまつわるメロディーがノンストップで繰り広げられました。その数じつに24曲。みなさん何曲見つけられましたか? 終演後、タネ明かしメドレー曲目一覧プリントを配布。答え合わせをするかのように 「あっ  これ聞こえた!」  「そうそうこの曲」 などのお声があちこちで交わされ、にぎやかにホールを後にするお客様。

一方、裏で帰り支度をしていた藤森は件のプリントを見ながら  「これはどれ??名前とメロディーが一致しない・・・ これはわかる、これもわかる、これは?」 と、ぼそぼそ。ついさっき弾いていたのに。  仕方なく、無謀にも歌ってみせる管理人。「えっと、これは・・・ ティーラ ティラティラ・・・・・で、こっちが・・・」 

これでますますわからなくなった(?) クリスマス3日前でした。

 

>>> ラ・クァルティーナ discography