report

<2008年11月のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

新譜を買いに

新譜、 「ショパン:ピアノとチェロの作品集」 発売日ということで渋谷へ。

このCDではピアニスト武本京子さんと初共演。ショパンのオリジナル3曲と、このCDのためにピアノ独奏曲をデュオ用に渡辺康氏が編曲した作品4曲が収録されています。

お初のピアニストと新曲と。新し物が揃い、ワクワク。レコーディングしたのは4ヶ月前の夏の盛り。ようやく店頭に並ぶ日が来ました。

 

こちらが新譜です

いざ、クラシックフロアへ。

新譜コーナーにありました。

 

買いました。
 

 

 

 

 

サイン会参加券
サイン会参加券が入っています。
 
この券があると12月13日(土)のインストアイベント(観覧自由)でのサイン会に参加いただけます。
 

 

 

 

 

再生

封を切って、おや? 丸みのあるケースです。 

いざ再生。

 

ブックレットの曲目解説は武本京子さんご自身によるもの。解説を読みながら聴こうと再生ボタンを押し、1曲目が鳴り出したら忽ち聴きモードになっていたようで・・・ 72分間、時を忘れておりました。

 

12月14日にはレコーディングした宗次ホールでCD発売記念コンサートが予定されています。


■ 藤森亮一&武本京子 オールショパン・デュオコンサート  

   ~ ピアノとチェロで語る愛と苦悩の幻想 ~  

 

その他、12月にCD発売記念ミニコンサートを8公演開催予定。

  12/11(木) カワイ名古屋
  
12/12(金) 文化フォーラム春日井(愛知)
  
12/13(土) タワーレコード渋谷店
  
12/23(火) ヤマハミュージック東海 小牧店
  
12/23(火) 楽器晴海堂(愛知)
  
12/24(水) ヤマハミュージック東海 名古屋西店
  
12/24(水) ヤマハミュージック東海 名古屋店
  
12/27(土) BECHSTEIN SUZUKA 音の工房 The HEARTS(三重)

 

 

アルモニア・ムジカ チャリティーコンサート2008
一流演奏家による六重奏で夢の扉が開く
~ 音楽で融和する和と洋の世界 ~

ようやく冬らしい寒さがやってきた11月9日(日)、大宮ソニックシティ 小ホールでアルモニア・ムジカチャリティーコンサートが行われました。

 

 ゲネプロ 

アルモニア・ムジカはピアニスト村沢裕子さんが中心となり埼玉県春日部市の福祉施設 「喫茶ゆめ色」 で 「ボランティアコンサートシリーズ・ゆめ色」 を展開。曲目や構成に工夫を凝らしたコンサートで毎回お客様の心を満たしています。

 本日は 云わば 「ゆめ色コンサート」 の拡大版。出演者は、宇根京子Vn.さん 大和加奈Vn.さん 斎藤麻衣Va.さん 吉田秀Cb.さん 山崎史子Mar.さん 主宰の村沢裕子Pf.さん 藤森。

 

 

 

藤森はシューマンの幻想小曲集を演奏。

村沢裕子Pf. 藤森亮一Vc.それぞれの楽器のソロと、アンサンブルを組み合わせたプログラム。 「赤とんぼ」 や 「浜辺の歌」 など日本の歌からベートーヴェンのピアノ協奏曲のおいしいところ、コントラバスによる超絶技巧・・・・・・次々に披露されます。また、曲間には松坂貴久子さんによるアナウンスがあり、はじめて聴く曲へもすんなり入っていけます。

 

アルモニア・ムジカメンバーマチネということもあってか、お客様の年齢層はたいへん幅広く小さなお子さんを連れたご家族からお友達同士などでとっても寛いだ雰囲気です。

終演後、出演者がロビーへ出ると忽ち記念撮影開始。

 

終演後のロビーお好みの奏者と一緒に、と順番待ち。感想から音楽についての質問がそこかしこで交わされ、舞台と客席のキモチが融和した現場を見ることができました。

左画像/大混雑の中遠くから背伸びして撮影した1枚です。

また今回も本番中の画像は小幡登さんに提供していただきました。

 

こちらのページでお客様のお声の一部が紹介されています