report

<2008年5月のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

ヴィオラ 藤森亮一 誕生。

 

ヴィオラ 藤森亮一

アゴ   

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう、 なかなか様になっています?? 

山田さんのヴィオラをお借りして、シューベルトのアルペジオーネソナタを披露しまし・・・・・・ していません。弾ける筈がありません。


 

 楽器はこう構えるべき・・・
数分後・・・

チェリストたるもの こっち向きでなくては弾けないようです。

 

 「アゴと肩で挟むなんて考えられない!」

といったところでしょうか。

揃い踏み

あらあら、

ネコさんも栄田さんも "チェロ式に"。   

            こんなにコンパクトだと日々の移動も楽そう!
ハイポジションもスイスイ! イエーーーイ!!
明らかに
調子に乗ってきました。

 

ただ、どうしても体が反ってしまいます。エンドピンさえあればもっと巧みに弾けるかも?        

           正しい向き?
さて、華麗なヴィオラ演奏を終え、正しい配置配役に戻りました。

でもここなあ~じゅではスペースの関係上 「チェロの弓がぶつかる」 との某チェリストの強い要望により、チェリストのみお客様に背を向け演奏するのが正しい向きとなっております。 前列のお客様にご協力いただき 
譜めくりが難しい作品では、前列のお客様に手伝っていただき演奏。

こうしてヴィオラデビューの夜はゆったりと更けていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なあ~じゅ(森下)   斎藤ネコカルテットLIVEにて