report

<2007年3月のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

ラ・クァルティーナ 岐阜県多治見市公演

多治見駅
多治見発 music garden vol.34
N響チェロ四重奏 ラ・クァルティーナ

クァルティーナ2007年初の舞台は岐阜県多治見市。名古屋から電車でおよそ40分。のどかな空気の町にやって来ました。

駅に到着

本日3月22日は「NHK放送記念日」。
乗り番の桑田さんと藤森は午前中から東京渋谷のNHKホールでの式典に出席、 正午頃「新世界の第2、第4楽章」を演奏し、その足で多治見へ向かいました。
藤森は着替えの時間を惜しんで燕尾だけジャケットに変え、蝶ネクタイを首にひっかけたままの移動でした。

音響のチェック
会場入り

ホールに着いたらまずは音響のチェック。舞台の上で手を叩き響きを確認します。 最良のポジションはどこか、席の配置もこうやって決めていきます。

N響アワーの撮影隊
ゲネプロ開始

今日は「N響アワー」の取材付き。
カメラもスタンバイ。
ひょっとしたら番組内で放映されるかもしれません。

(2007年5月27日に放映されました)

GP開始

本日のプログラムには新しいレパートリーが5曲。

ビートルズ:イェスタディ
ビートルズ:レットイットビー
ビートルズ:ヘイジュード
ジョン・ウィリアムズ:シンドラーのリスト
エルビス・プレスリー:ラブミーテンダー

最終チェック

多治見公演のためにアレンジの先生に書き下ろしていただきました。
じつは楽譜が仕上がったのは3日前!
連日入念な練習をしてきましたがお客さまはどんな反応をしてくれるか・・・ 新しいことに挑戦すると緊張感も増します。
開演まであと数十分。思いの外新曲に時間を割いてしまいました。
間もなく開場時間。タイムリミットです。

打ち合わせ
開演前に

こんどコンチェルトを共演させていただくオーケストラの方がいらっしゃいました。 楽譜を開いて打ち合わせです。
どこをどのように演奏するか、細かく解釈を伝えます。このような下準備が後々大きな役目を果たしてくれます。

そして開演  ~ N響チェロの四重奏はこんなにいい感じ ~

まずはアルビノーニのアダージョ。「シャコンヌ」と共にラ・クァルティーナの公演の時には必ず演奏する曲です。 その後、タンゴ集に新曲。お客さまの反応も上々!あたたかい拍手をたくさんいただき、無事多治見公演の幕は閉じました。
*公演中の写真撮影は禁止されているので本番の写真はありません。

名古屋駅改札通過
一路東京へ

明日は東京でN響本番。今日中に帰らなければなりません。 最終の新幹線まで時間がないので残念ながら終演後のサイン会はできず、お客さまにお会いすることもできず 超特急でホールから撤収。名古屋駅まで猛ダッシュで移動。 一同ドキドキ!発車まであと数分。なんとか間に合い、新幹線に乗り込みました。

斎藤ネコカルテットLIVE 吉祥寺マンダラ2

ネコかる&ゲスト

今年初のライブ。
ゲストは初登場の
きゃなえ☆さん(Vo)jinbowgさん(g)
共にバンド
「K's POCKET」メンバー。
オリジナル作品3作をネコかると演奏されました。

ネコかる&ゲスト

その後、小峰公子(Vo)さんも登場。ネコさん曰く「新旧歌姫対決」。(笑)
きゃなえ☆さんが小峰さんの作品を歌われ、いつもとまたひと味違った世界を披露してくださいました

きぐるみ

アンコールにネコかるのアルバム「Please」から「PRESENT FOR YOU」を演奏することに。しかしチェロのパート譜が見つからず(膨大な楽譜の中から探しきれず・・・) 隣のヴィオラの楽譜を横目で見ながら演奏するという強行に出た藤森。コードが書いていなかったにもかかわらず、完奏。なんともあっぱれ!

ちなみに本日の衣装はケロロ軍曹のきぐるみでありました。(画像が小さくてわかりにくいですが)

ヘルシーコンサート さやま総合クリニック

さやま総合クリニック
ヘルシーコンサート
~開院5周年記念コンサート~
"藤森亮一とArmonia Musica室内楽団の仲間たち"

埼玉県狭山市の  さやま総合クリニック
『皆さんの感動が皆さんの健康を呼びます』というモットーの下、月に一度土曜日の午後に ロビーに設けてあるグランドピアノを使って「ヘルシーコンサート」と題した演奏会を開いている病院です。

出演者全員で

出演者全員によるヘンデルの水上の音楽よりホーンパイプで開演。

宮村和宏(オーボエ)
重岡菜穂子(ヴァイオリン)
齋藤麻衣(ヴィオラ)
村沢裕子(ピアノ)
藤森亮一(チェロ)

ソロの演奏

プログラムは3部構成。
それぞれの楽器によるソロ演奏あり、「魔笛」の序曲を四重奏で演奏したりとさまざまな演奏形態を楽しめるように。

藤森は
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ヘンデル:ラルゴ
サン・サーンス:白鳥
カサド:親愛なる言葉
を披露。

これにて終演

アンコールに再び出演者全員で「リベルタンゴ」「ふるさと」を演奏。
あたたかい拍手、花束をいただき終演。

ピアノ村沢裕子さん

主宰者でピアニストの村沢裕子さん。
コンサートの企画おつかれさまでした。