report

<2003年12月のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

バッハ無伴奏チェロ組曲演奏会 in 京都アルティ

たくさんのお客様ありがとうございます
チェロの質問!

出身地京都でバッハの無伴奏チェロ組曲演奏会を行ないました。
この演奏会は 「さまざまな、それぞれのバッハ」 と題し、京都にゆかりのあるチェリストが交代で登場し、 バッハの無伴奏チェロ組曲全6曲を1人3曲ずつ選んで演奏するというもの。藤森はその第3回に出演しました。

写真は例によって(笑)終演後のサイン会の様子です。本当はゲネプロの様子を撮影しようとホールに入ったのですが・・・
朝10時から4時間、舞台でただひとり黙々とさらい続ける藤森。

ホールの中には異様なまでの緊迫した空気が充満し、 気がつくと開場時間。シャッターを切る機会を失っていました。

そして迎えた本番。颯爽と登場したその顔は ゲネプロの重苦しい表情とは一転、故郷で演奏するという名誉、そして意気込みがみなぎっているようでした。 (こんなにカッコイイ姿見たことありません!)
これまでに何度も聴いてきた私ですが今回はまだまだ知らなかった藤森の世界を感じさせる公演でした。

・・・初めての京都レポとあって興奮で頭ボーっとしたまま帰途についてしまった管理人。 帰ってから 「あそこで写真撮っておけばよかった」 「○○しておけば」・・・などと反省しきり。 2004年は落ち着いてきちんとレポートできるようにがんばります。

モルゴーア・クァルテット ショスタコーヴィチシリーズ最終回

クリスマスツリーの前で乾杯!

晴海トリトンにある素晴らしいホール第一生命ホール。 2001年11月にスタートしたショスタコーヴィチシリーズがついに最終回を迎えました。
ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全15曲を一度に3曲ずつ、5回にわたり演奏。 ご来場のみなさまありがとうございました。

ロビーでパーティー

終演後にはお客様を交えてロビーでささやかにパーティー。スピーチで藤森は
「これでしばらくショスタコを弾かなくなるのが寂しいような・・・」 とコメント。
なんとその後、プロデューサーが「2006年にまたショスタコ聴きた~い!」と発言! お客様の間から拍手が沸き起こりました(^o^)