report

<2002年11月のreport>

calendar

archives

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

モルゴーア・クァルテット ショスタコーヴィチ・シリーズ3

やっぱりショスタコーヴィチはモルゴーア

第一生命ホール クァルテット・ウェンズデイ シリーズ第3回目が11月27日に行なわれました。写真は例によってリハーサル時の様子です。

リハーサル

プログラムは・・・

ショスタコーヴィチ
弦楽四重奏曲第6番ト長調
弦楽四重奏曲第10番変イ長調
弦楽四重奏曲第15番変ホ短調

という本当にショスタコづくしの演目。 そしてもちろんアンコールもショスタコーヴィチというこだわりよう。

今回も始めから終わりまでショスタコ漬けの2時間でした。
ご来場のお客様もお疲れ様でした♪ 今年はこのショスタコシリーズに加え定期演奏会もあり、大忙しのモルゴーアでした。

リサイタル in 町田

リハーサル

今日は町田市民フォーラムでリサイタル。
180席ほどのこじんまりしたホールです。

伴奏は林絵里さん。
本番前のリハーサルの様子をのぞいてみました。 (本番では写真が撮れないのでリハーサルの写真のみです)

リハーサル

今日のプログラムは・・・

シューマン:アダージョとアレグロ op.70
ショスタコヴィチ:ソナタニ短調 op.40
ドビュッシー:チェロソナタ
ラヴェル:ハバネラ形式による小品
フォーレ:
エレジー op.24 、 子守歌 op.16
シチリアーノ op.78、 蝶々 op.77
カサド:親愛の言葉

リハーサル

チェリストのレパートリーの中の決定版ともいうべき演目です。
ときに凛々しく、また軽やかに、と、チェロの魅力を堪能できる作品が揃いました。
林さんのピアノとも快調に、ときどき笑みをもらしながら楽しそうに最終リハーサルは進んでいきました。

本番も無事に進み、途中にMCもあり、最後の 『親愛の言葉』 演奏後に拍手は鳴り止まずアンコールに  『鳥のうた』 を演奏しリサイタルは幕を閉じました。

斎藤ネコカルテット LIVE in マンダラ2

仮面ライダー 仮面ライダー

今夜のライブは吉祥寺マンダラ2。 本番前の恒例、鰻でスタミナをつけていざ開演。
今夜のパジャマは・・・パジャマというべきなのか...。仮面ライダーのつなぎでした。
ぞろぞろ登場したその姿は滑稽そのもの。客席からはくすくす笑い声が・・・
ゲストはお馴染み小峰公子さん。きょうは歌だけでなくアコーディオンも演奏されました。

イエノミー弦楽四重奏団

飛び入り参加の 『イエノミー弦楽四重奏団』 きれいなお姉さん4人組。今回初出演。初見でルパン三世を熱演。
その後、彼女達が順調にレギュラー化していくとはこのとき会場のみなさんも予測していませんでした。 今後のご活躍に注目です。

たしかに仮面ライダー

たしかに仮面ライダーです。
でもフードをかぶると演奏しにくいという欠点が・・・
音が遠くなっちゃうそうです。

ライダー達は今夜も遅くまで演奏し続けたのでした