information

<掲載情報>

calendar

categoies

archives

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

毎日新聞 6月19日夕刊

毎日新聞夕刊 に「モルゴーア・クァルテット:創立20年記念コンサート ロックを弦楽四重奏で」と題した記事が掲載されました。

【関連ページ】
日本コロムビアによる モルゴーア・クァルテット 公式ページ
「21世紀の精神正常者たち」6月20日発売

モルゴーア・クァルテット公演情報
6月26日(火) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA 福島公演
6月27日(水) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA
6月29日(金) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA 大阪公演

朝日新聞デジタル 6月19日

朝日新聞デジタル に「16本の弦で突き抜けろ モルゴーア・クァルテット」と題した1st.Vn.荒井英治さんのインタビュー記事が掲載されました。

【関連ページ】
日本コロムビアによる モルゴーア・クァルテット 公式ページ
「21世紀の精神正常者たち」6月20日発売

モルゴーア・クァルテット公演情報
6月26日(火) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA 福島公演
6月27日(水) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA
6月29日(金) 20th Anniversary Morgaua Quartet GALA 大阪公演

ぶらあぼ 2012年7月号

ぶらあぼ(東京MDE)2012年7月号 「ぴっくあっぷ これからの注目コンサート」にモルゴーア・クァルテット 1st.Vn荒井英治さんのインタビューが掲載されました。

6月18日より配布中のフリーマガジン「月刊ぶらあぼ」のほか、WEBぶらあぼでもご覧いただけます。

>>> 「ロックに学べ!その半端でない思い入れ」

サラサーテ 2012/2 vol.44

サラサーテ(せきれい社)2012/2 vol.44にラ・クァルティーナ4人のインタビュー記事が掲載されました。P.52~P.55


NHK交響楽団 機関紙 「フィルハーモニー」

NHK交響楽団の機関紙「フィルハーモニー」2012年1月号に藤森亮一のインタビュー記事が掲載されました。
N響サイト内でバックナンバーもお求めいただけます。

ぶらあぼ 2011年11月号

ぶらあぼ(東京MDE)2011年11月号 「新譜この人いちおし」に藤森亮一のインタビューが掲載されました。

10月18日より配布中のフリーマガジン「月刊ぶらあぼ」のほか、WEBぶらあぼでもご覧いただけます。

>>> 「若いチェロ奏者4人が加わり、重厚で活きのいいサウンドになりました」

インタビュー記事掲載

2011年10月16日にドヴォルザーク:チェロ協奏曲を共演する聖光学院管弦楽団サイトに藤森のインタビュー記事が掲載されました。


聖光学院管弦楽団 聖フィル♥コラム  (50) 藤森亮一先生 特別インタビュー


CD付書籍「名曲探偵アマデウス」に掲載

CD付き NHKクラシックミステリー 名曲探偵アマデウス 『NHKクラシックミステリー名曲探偵アマデウス』制作チーム P.95シューベルト「ます」に藤森が登場しています。

中日新聞 夕刊 3月1日

中日新聞 に「チェロとピアノで三大B」と題した記事が掲載されました。

【関連ページ】
3月11日(金)「藤森亮一&武本京子三大Bデュオコンサート」緑文化小劇場


ブラームス:チェロ・ソナタ集/藤森亮一Vc.武本京子Pf. 2011.3.11緑文化小劇場

中日新聞 夕刊 11月30日

中日新聞 に「デュオ3弾ブラームス チェロソナタで愛の会話」と題した記事が掲載されました。

【関連ページ】
デュオ第3弾CD「ブラームス:チェロ・ソナタ集」12月15日リリース
12月19日(日)ピアノとチェロで語る「ブラームスとクララシューマンの愛」宗次ホール


ブラームス:チェロ・ソナタ集/藤森亮一Vc.武本京子Pf.    2010.12.19 宗次ホール

ストリング 2010年7月号 連載第2回

弦楽専門誌 ストリング(レッスンの友社) 発売日です。

「裏技で究めるチェロ・テクニック <2>」 P.99~95  
第2回目のテーマは 「ブラームスで"ワンワンワン奏法"を究める」  

雑誌連載が始まりました

弦楽専門誌 ストリング(レッスンの友社) で藤森亮一による誌上レッスン連載が始まりました。

「裏技で究めるチェロ・テクニック」 P.97~93  第1回目のテーマは 「刻み」 

オケ、アンサンブルを演奏する上で必ず出会う避けては通れないこの音符たちについての攻略法を写真とともに解説していきます。 

ストリング 2010年5月号

ストリング(レッスンの友社) P.50~53 にインタビュー記事が掲載されました。

「裏技が、テクニックと音楽全体を高める」
*次号より誌上レッスンの連載が始まります

中日新聞 朝刊 4月19日

中日新聞 に 「歌い上げる愛と悲しみの世界 武本京子と弦の2人鮮烈なピアノ三重奏」と題した記事が掲載されました。

【関連記事】
春を呼ぶ ピアノトリオ 豊嶋 + 藤森 + 武本

音楽の友 2010年1月号

音楽の友(音楽之友社)2010年1月号 P.176 に

2009年11月15日、宗次ホールで行われた「藤森亮一&武本京子 ラフマニノフ&ピアソラ デュオコンサート チェロとピアノで奏でる愛と情熱の魂の叫び」の批評が掲載されました。


中日新聞 12月5日 夕刊

中日新聞 にピアニスト武本京子さんとの公演(2009.11.15宗次ホール)について掲載されました。

東京新聞 11月30日 夕刊

東京新聞 5面にピアニスト武本京子さんとのデュオについて掲載されました。

ストリング 2009年12月号

ストリング(レッスンの友社) P.37、38、39 にインタビュー記事が掲載されました。

「藤森亮一 叙情美の世界 巨匠と現代との中間が私の好み」

中日新聞 9月6日 夕刊

中日新聞 にピアニスト武本京子さんとのデュオについて掲載されました。

レコード芸術 2009年5月号

 レコード芸術 (音楽之友社) 一大特集 「名曲名盤300」 新編第1回において

J.Sバッハ/無伴奏チェロ組曲(全曲) が選ばれました。

 

 

藤森亮一/無伴奏チェロ組曲

 

草津夏期国際音楽 卒業生インタビュー

草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル 「30周年記念:卒業生インタビュー」で音楽祭にまつわる思い出を語っています。


卒業生インタビュー第1回 藤森亮一

中日新聞 11月11日 夕刊

中日新聞 9面にピアニスト武本京子さんとのデュオについて掲載されました。

サラサーテ 2008 Vol.25

サラサーテ (せきれい社) P.9にグラビア、 P.22、23にラ・クァルティーナのインタビューが掲載されました。

ぶらあぼ 2008年11月号

ぶらあぼ(東京MDE)2008年11月号 「ぴっくあっぷインタビュー」にラ・クァルティーナのインタビューが掲載されました。

10月18日より配布中のフリーマガジン「月刊ぶらあぼ」のほか、WEBぶらあぼでもご覧いただけます。

>>> 「心を癒すチェロの響き ラ・クァルティーナ」

音楽の友 2008年9月号

音楽の友(音楽之友社)2008年9月号 P.191「ROND」に名古屋市指定文化財「竹田邸」で行われた「藤森亮一&武本京子 3番蔵・座布団コンサート」の模様が掲載されました。

恩師 徳永兼一郎 復刻アルバムにエッセー寄稿

藤森がチェロを始めて一年がたったころ、面識もないのに「レッスンしてください」と手紙を送ったのが師との始まりでした・・・その関係は師が世を去る1996年まで続きました。 このCDは徳永氏が30歳のときにレコーディングしたLPをオリジナル・マスターテープの魅力を生かしマスタリング。ジャケットは当時を想起するオリジナル版。ブックレットには藤森がエッセーを寄せました。



[7月23日発売]
コロムビアヴィンテージコレクション9
徳永兼一郎/チェロ・ポピュラー・アルバム


サン=サーンス:白鳥
フォーレ:夢のあとに
バッハ(グノー):アヴェ・マリア
ルビンシュタイン:ヘ調のメロディ
カサド:愛のことば
メンデルスゾーン:歌の翼に
(ほか、全11曲収録) >>> 詳細
徳永兼一郎Vc. 神谷郁代Pf.


コロムビアミュージックエンタテインメント
品番:COCOQ-84495
税込定価¥1,575(税込)

サラサーテ 2007 Vol.20

サラサーテ (せきれい社) P.75 「倶楽部チェロ」 にラ・クァルティーナの7枚目のアルバム「パッサカリア」についてメンバーのメッセージが掲載されました。

コメント掲載
- 朝比奈隆 NHK交響楽団 ブルックナー9番 DVD -

2007年12月21日発売 DVD 「朝比奈隆 NHK交響楽団 ブルックナー 交響曲第9番ニ短調」 に藤森がコメントを寄せました。

MOSTLY CLASSIC 2008年2月号

MOSTLY CLASSIC (産経新聞社) P.19に 「千の風になって モリアル盤」 企画プロデュースの新井満氏との写真が掲載されました。

ぶらあぼ 2007年12月号

ぶらあぼ(東京MDE)「ぴっくあっぷインタビュー」P.37に「三面の演奏経験で自分を高めていきたい」と題したインタビュー記事が掲載されました。

ストリング 2007年11月号

ストリング(レッスンの友社) P.40、41、42 にN響メンバーによるヴィルテゥオーゾ・カルテットのインタビュー記事が掲載されました。

PAVONE No.4

Royal Celeb style PAVONE(KPクリエイションズ) No.4  P.58、59 に 「チェリスト藤森亮一 10年に一度の幸せを求めて」と題したインタビュー記事が掲載されました。

ストリング 2007年9月号

ストリング(レッスンの友社) P.34、35 に「藤森亮一&笠石まゆみ チェロとピアノの調べ」コンサートに関するインタビュー記事が掲載されました。

ぶらあぼ 2007年9月号

ぶらあぼ(東京MDE)P.20、21 「ぷれすてーじインタビュー」 にN響メンバーによるヴィルテゥオーゾ・カルテットのインタビュー記事が掲載されました。

音楽の友 2007年7月号

音楽の友 (音楽之友社) P.197 「コンサートレヴュー・演奏会評」にリサイタル(2007.5.10.東京文化会館)について掲載されました。

サラサーテ 2007 Vol.16

サラサーテ (せきれい社) P.8にグラビア、 P.75「倶楽部チェロ 藤森亮一×向山佳絵子 夫婦チェリスト特別対談」が掲載されました。

音楽の友 2007年5月号

音楽の友 (音楽之友社) P.106「People ~Intervews Talks~」に リサイタル(2007.5.10.東京文化会館)についての インタビュー記事が掲載されました。

classic NEWS

classic NEWS メロディが聴こえるwebサイトにインタビュー映像が掲載されました。

>>>「チェロ藤森亮一ドイツ・ロマン派に強い敬慕!ピアノ:若林顕との出会い!」

MOSTLY CLASSIC 2007年5月号

MOSTLY CLASSIC (産経新聞社)「Stageインタビュー」P.44、45 にリサイタル(2007.5.10.東京文化会館)についての インタビュー記事が掲載されました。

ぶらあぼ 2007年4月号

ぶらあぼ(東京MDE)P.52「ぴっくあっぷインタビュー」に「ドイツの伝統が聴こえてくれば」と題したインタビュー記事が掲載されました。

サラサーテ 2007 Vol.15

サラサーテ (せきれい社) P.92にコメントが掲載されました。

読売新聞 10月3日 夕刊

読売新聞 14面に沼野雄司氏によるモルゴーア・クァルテット ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲演奏会の批評が掲載されました。

サラサーテ 2005 Vol.9

サラサーテ (せきれい社) P.77~81「特集Viva!Cellissimo チェロが主役」に古川展生さん、礒絵里子さん、藤森の鼎談記事が掲載されました。

サラサーテ 2005 Vol.7

サラサーテ (せきれい社) P.79「特集・ベルリンフィルハーモニー」の中で「日本のオーケストラ奏者から見たBPOの弦楽器」と題した藤森のインタビュー記事が掲載されました。

classic NEWS

classic NEWS メロディが聴こえるwebサイトにインタビュー映像が掲載されました。

>>>「チェロ藤森亮一ピアニスト:カール=アンドレアス・コリーとの待望のコンサート!」

産経新聞 7月17日

産経新聞 14面にインタビュー記事が掲載されました。

音楽の友 2004年7月号

音楽の友(音楽之友社)2004年7月号 P.156~159「連載 トークセッション  20世紀のスターたち ~第31回 ピエール・フルニエ~」に黒田恭一氏、浅里公三氏と藤森の鼎談記事が掲載されました。

ぶらあぼ 2004年7月号

ぶらあぼ(東京MDE)P.28に「N響は室内楽要員の宝庫です」と題したインタビュー記事が掲載されました。

サラサーテ 2004 Vol.4

サラサーテ (アートユニオン) P.98に 「低音とやや低音・・・バッソドルチェ」 と題した 吉田秀さん(Cb.)と藤森のインタビュー記事が掲載されました。

CAMPANELLA 2004年4月号

カンパネラ (アートユニオン) P.36、37 に、昨秋リリースした8枚目のソロアルバム「ショパン・フォー・チェロ」についてのインタビュー記事が掲載されました。

レコード芸術 2003年12月号

レコード芸術 (音楽之友社) 2003年12月号 P.80~84「特集 アーティストは語る~音楽家が評価する音楽家たち」 に

「ベートーヴェンを弾いたクァルテットたち ―避けては通れない"聖書"のような存在にどうアプローチしたか」 と題したインタビュー記事が掲載されました。

サラサーテ 2003 Vol.2

サラサーテ (アートユニオン) 巻末にラ・クァルティーナのCD 「ADAGIO」 収録曲、藤森亮一編曲による J.S.バッハ作曲「サラバンド~無伴奏チェロ組曲第6番~」(チェロ四重奏版)の楽譜が掲載されました。

知っているようで知らない オーケストラ楽器 おもしろ雑学事典

緒方英子著 「知ってるようで知らないオーケストラ楽器おもしろ雑学事典」でチェロの項目に登場しています。その他、楽器にまつわるエピソードや写真が多数掲載されています。

サラサーテ 創刊号

サラサーテ (アートユニオン)  P.20、21にインタビュー記事、巻末にラ・クァルティーナのCD 「chaconne」 収録曲、藤森亮一編曲による「鳥の歌」(チェロ四重奏版)の楽譜が掲載されました。

朝日新聞 12月3日 夕刊

朝日新聞 夕刊に「ソロで伝われ弦楽器の華」と題した記事が掲載されました。

日本経済新聞 9月1日

日本経済新聞 「Disc Review」(27面) にラ・クァルティーナ2枚目のアルバムTANGO QUARTINA と藤森のコメントが掲載されました。

音楽の友 2002年7月号

音楽の友 (音楽之友社) P.177 にラ・クァルティーナのインタビュー記事が掲載されました。

ストリング 2002年6月号

ストリング(レッスンの友社) P.32、33に 「ラ・クァルティーナが本格的活動開始」と題した特集記事が掲載されました。